臥薪嘗胆

【読み】 がしんしょうたん
【意味】 臥薪嘗胆とは、仕返しのため、または目的を達成するために、長い年月の間苦労にじっと耐えることのたとえ。

【臥薪嘗胆の解説】

【注釈】 春秋時代、越王の勾践に敗れた父である呉王の闔盧の敵を討つため、夫差は毎夜薪の中に寝ては仇討ちの心をかきたてた。
三年後、ついに会稽山で勾践を降伏させたが、勾践は復讐の念を忘れないため苦い胆をなめて、苦難の末に夫差を打ち破ったという故事に基づく。
「臥薪」とは、堅くて痛い薪の上に寝ること。
「嘗胆」とは、苦い肝をなめること。
【出典】 『史記』十八史略
【注意】 短期間の辛苦に使うのは誤り。
誤用例 「臥薪嘗胆すること十五時間、ようやく作品が完成した」
【類義】
【対義】
【英語】 Perseverance under difficulties.(苦難続きの下での忍耐)
【用例】 「臥薪嘗胆の末、ようやく商売が起動に乗った」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス