壁に耳あり障子に目あり

【読み】 かべにみみありしょうじにめあり
【意味】 壁に耳あり障子に目ありとは、隠し事はとかく漏れやすいものだから、注意せよという戒め。

【壁に耳あり障子に目ありの解説】

【注釈】 こっそり話しているつもりの密談でも、誰かが壁に耳をあてて聞いているかもしれないし、障子に穴をあけて覗き見しているかもしれないことから、隠し事を話すときは注意するべきだということ。
単に「壁に耳」ともいう。
【出典】
【注意】 「壁に目あり」は誤り。
【類義】 石に耳あり/垣に耳あり/壁に耳あり徳利に口あり/壁に耳石に口/壁に耳垣に目口/壁に耳天に口/こそこそ三里/天に口あり地に耳あり/昼には目あり夜には耳あり/耳は壁をつたう/藪に耳/闇夜に目あり
【対義】
【英語】 Walls have ears.(壁に耳あり)
【用例】 「周囲に誰もいないことを確認したはずなのに、いつのまにか親友にしか話していないことがクラス中に知れ渡っていた。壁に耳ありとはこのことだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス