株を守りて兎を待つ

【読み】 かぶをまもりてうさぎをまつ
【意味】 株を守りて兎を待つとは、古い習慣や過去に偶然成功した経験にこだわり、いつまでも進歩がなかったり融通がきかないことのたとえ。

【株を守りて兎を待つの解説】

【注釈】 昔、中国の宋の国の農民が畑仕事をしていると、兎が飛んできて、木の切り株につき当たって死んだ。
それを拾って以来、農民は畑を耕すのをやめて、切り株の番をして兎を捕ろうとしていたという故事から。
「株」は「くいぜ」とも読む。
【出典】 『韓非子』
【注意】
【類義】 いつも柳の下に泥鰌は居らぬ/来るたびに買い餅/琴柱に膠す/守株/朔日毎に餅は食えぬ/二匹目の泥鰌を狙う/舟に刻みて剣を求む/柳の下にいつも泥鰌はいない柳の下の泥鰌
【対義】
【英語】
【用例】 「株を守りて兎を待つようなことばかりしていては、出世も成功もないぞ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス