蛙の子は蛙

【読み】 かえるのこはかえる
【意味】 蛙の子は蛙とは、子の性質や能力は親に似るものだというたとえ。また、凡人の子は凡人にしかならないということ。

【蛙の子は蛙の解説】

【注釈】 カエルは、子供の頃はおたまじゃくしで親とは似ても似つかない姿だが、おたまじゃくしも成長すれば親と同じようにカエルになることから。
「蛙の子は蛙の子」とも。
【出典】
【注意】 「所詮、蛙の子は蛙」という意味合いが含まれているので、目上の人に対してや、褒め言葉として直接使うことは避けたい。
誤用例 「蛙の子は蛙と言いますか、お父様に似て立派な息子さんですね」
【類義】 瓜の蔓に茄子はならぬ/燕雀鳳を生まず/狐の子は面白/この親にしてこの子あり/この父ありて斯にこの子あり/鳶の子は鷹にならず/鳩の卵が鵯にはならぬ/蝮の子は蝮
【対義】 烏の白糞/鳶が孔雀を生む/鳶が鷹を生む/百舌が鷹を生む
【英語】 Like hen, like chicken.(ひよこは親鶏に似る)
Nits will be lice.(シラミの卵はシラミになる)
【用例】 「蛙の子は蛙だから、いくら勉強したところで医学部に入学できる訳がない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス