蛙の面に水

【読み】 かえるのつらにみず
【意味】 蛙の面に水とは、どんな目にあわされてもいっこうに気にせず、平気でいることのたとえ。

【蛙の面に水の解説】

【注釈】 蛙は水をかけられても少しも嫌がらないことから。
図々しい、ふてぶてしい人に対して、皮肉をこめて言うことが多い。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 堂々としている姿に対して使うのは誤り。 誤用例 「彼ほどの大物になるとどんなことにも動じずにいるから、蛙の面に水のようだ」
【類義】 石地蔵に蜂/石に灸/犬に念仏猫に経/犬に論語/兎に祭文/牛に経文/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/牛の角を蜂が刺す/馬に経文/馬の耳に風馬の耳に念仏馬耳東風豚に念仏猫に経
【対義】
【英語】 like water off duck's back.(アヒルの背中を流れる水のよう)
【用例】 「少しこらしめようと思って厳しくしたのに、息子にとっては蛙の面に水のようで、全然懲りていない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス