禍福は糾える縄の如し

【読み】 かふくはあざなえるなわのごとし
【意味】 禍福は糾える縄の如しとは、幸福と不幸は表裏一体で、かわるがわる来るものだということのたとえ。

【禍福は糾える縄の如しの解説】

【注釈】 災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のようにかわるがわるやって来るものだ。不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする。
成功も失敗も縄のように表裏をなして、めまぐるしく変化するものだということのたとえ。
『史記・南越列伝』には「禍に因りて福を為す。成敗の転ずるは、たとえば糾える縄の如し」とあり、『漢書』には「それ禍と福とは、何ぞ糾える縄に異ならん」とある。
「糾える」は文語動詞「あざなふ」の命令形+完了を表す、文語助動詞「り」の連体形からで、「あざなふ(糾う)」は「糸をより合わせる」「縄をなう」を意味する。
【出典】 『史記』 『漢書』
【注意】
【類義】 いい後は悪い/浮世の苦楽は壁一重/悲しみと喜びとは交互に相次ぐ/吉凶は糾える縄の如し/苦あれば楽あり/苦楽は相伴う/苦楽は生涯の道づれ/沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり人間万事塞翁が馬/上り坂あれば下り坂あり/楽あれば苦あり楽は苦の種、苦は楽の種/禍は福の倚る所、福は禍の伏す所
【対義】
【英語】 Sadness and gladness succeed each other.(悲しみと喜びは交互にやってくる)
【用例】 「人生において禍福は糾える縄の如しで、予想もしなかったハプニングのせいで絶体絶命の危機に陥ったと思ったが、これがきっかけとなり以前より事態が好転したのだから、驚くばかりだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス