蝸牛角上の争い

【読み】 かぎゅうかくじょうのあらそい
【意味】 蝸牛角上の争いとは、些細なことや、狭い世界でのつまらない争いのたとえ。

【蝸牛角上の争いの解説】

【注釈】 「蝸牛」はかたつむりのことで、かたつむりの左の角に国を持つ触氏と、右の角に国を持つ蛮氏とが、かたつむりの角の上で領地を争ったという『荘子・則陽』の寓話から。
「蝸角の争い」「蝸牛の角争い」とも。
【出典】 『荘子』
【注意】
【類義】 蝸牛の角の上に何事をか争う/コップの中の嵐/蛮触の争い
【対義】
【英語】 A storm in a teacup.(コップの中の嵐)
【用例】 「どちらが先に言ったとか、言わないとか、そんなことで一体いつまで喧嘩を続ける気なんだ?そういうのを蝸牛角上の争いというんだよ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

蝸牛角上の争いの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス