果報は寝て待て

【読み】 かほうはねてまて
【意味】 果報は寝て待てとは、運というものは人の力ではどうにもできないものだから、あせらずに時機を待つのが良いということ。

【果報は寝て待ての解説】

【注釈】 「果報」とは、仏語で前世での行いの結果として現世で受ける報いのこと。転じて、運に恵まれて幸福なことをいう。
「寝て待て」といっても、怠けていれば良いという意ではなく、人事を尽くした後は気長に良い知らせを待つしかないということ。
【出典】
【注意】 「家宝は寝て待て」と書くのは誤り。
【類義】 運は寝て待て/福は寝て待て/待てば海路の日和あり/待てば甘露の日和あり
【対義】 蒔かぬ種は生えぬ
【英語】 Everything comes to him who waits.(待つ者はどんなことでも叶えられる)
【用例】 「精一杯の努力をしたのだろうから、ここに来て焦っても仕方ないよ。果報は寝て待てというから、気長にゆっくりしていれば良い結果が訪れるさ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス