飼い犬に手を噛まれる

【読み】 かいいぬにてをかまれる
【意味】 飼い犬に手を噛まれるとは、日頃からかわいがり面倒をみてきた者からひどく裏切られたり、害を受けたりすること。

【飼い犬に手を噛まれるの解説】

【注釈】 「飼い犬に手を食われる」「手飼いの犬に手を食わる」ともいう。
【出典】
【注意】 「主人―飼い犬」の関係に置き換えても不適切ではない関係に用いる。
その人にとって目上の人や、友人には用いない。
【類義】 愛犬に手を噛まれる/後足で砂をかける恩を仇で返す/陰に居て枝を折る/片屋貸して母屋取られる/獅子身中の虫/借家栄えて母屋倒れる/鉈を貸して山を伐られる/軒を貸して母屋を取られる庇を貸して母屋を取られる
【対義】 犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ
【英語】 A man may cause his own dog to bite him.(飼い犬に手を噛まれるも己ゆえ)
He has brought up a bird to pick out his own eyes.(彼は鳥を育てて、目を突き抜かれる)
The mad dog bites to his master.(狂犬は飼い主に噛みつく)
【用例】 「信頼していた秘書に大金を持ち逃げされるなんて、飼い犬に手を噛まれるとはこのことだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス