会稽の恥

【読み】 かいけいのはじ
【意味】 会稽の恥とは、戦いに大敗した屈辱。また、他人から受けたひどい屈辱のこと。

【会稽の恥の解説】

【注釈】 中国の春秋時代、越王勾践が呉王夫差と戦って敗れ会稽山に逃げ込み、屈辱的な講和をしたという故事から。
その恨みを晴らすことを、「会稽の恥を雪(すす)ぐ」という。
【出典】 『史記』越世家
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「念願叶ってあのチームに試合で勝ち、やっと会稽の恥をすすぐことができた」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス