偕老同穴

【読み】 かいろうどうけつ
【意味】 偕老同穴とは、夫婦の仲がよいことのたとえ。仲のむつまじい夫婦の関係を結ぶこと。

【偕老同穴の解説】

【注釈】 「偕」は「一緒に」を意味し、「穴」は墓の穴を意味する。
生きているときは老いを共にし、死後は同じ墓の穴に葬られることから。
『詩経』の「子と偕に老いんとす」と「死しては則ち穴を同じくせん」という、二つの語句から作られたことば。
「偕老同穴の契り」「同穴の契り」とも。
【出典】 『詩経』
【注意】
【類義】 鴛鴦の契りお前百までわしゃ九十九まで/琴瑟相和す/形影相伴う/水魚の交わり/天に在らば比翼の鳥、地に在らば連理の枝/比翼の鳥/比翼連理連理の枝
【対義】
【英語】
【用例】 「あの夫婦を見ていると、まさに偕老同穴ということばがぴったりだと思うよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス