怪力乱神を語らず

【読み】 かいりょくらんしんをかたらず
【意味】 怪力乱神を語らずとは、君子は、道理にそむいたこと、理性で説明がつかないようなものについては語らないものだということ。また、怪しげなこと、不確かなことは口にしないという意。

【怪力乱神を語らずの解説】

【注釈】 「怪」は怪異で不思議なこと、「力」は怪力で力の強いこと、「乱」は道理にそむき世を乱すこと、「神」は鬼神の意。
理性では説明のつかないような、この4つの言葉を口にしなかったという孔子の姿勢を弟子がいったことば。
【出典】 『論語』
【注意】 「怪力」は「かいりき」とも読むが、本来は誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「私は怪力乱神を語らずというスタイルだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス