快刀乱麻を断つ

【読み】 かいとうらんまをたつ
【意味】 快刀乱麻を断つとは、複雑な問題や紛糾している事態を、ものの見事に解決することのたとえ。

【快刀乱麻を断つの解説】

【注釈】 「快刀」とは切れ味鋭い刀のことで、「乱麻」はもつれた麻糸のこと。
よく切れる刀で、もつれた麻の糸を見事に断ち切るという意味から、複雑な問題やごたごたした事態を鮮やかに解決するということ。
単に「快刀乱麻」とも。
【出典】
【注意】 「怪盗乱麻を断つ」と書くのは誤り。
物事を解決するのではなく、単に「鮮やかだ」という意味で使うのは誤り。
誤用例 「快刀乱麻を断つような包丁さばき」
【類義】 一刀両断
【対義】
【英語】 To cut the Gordian knot.(ゴルディオンの結び目を切断する)
【用例】 「取引先にまで普及していたあのごたごたを、快刀乱麻を断つように見事に処理した課長はさすがだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス