隔靴掻痒

【読み】 かっかそうよう
【意味】 隔靴掻痒とは、物事が思うようにいかず、もどかしいこと。

【隔靴掻痒の解説】

【注釈】 靴を履いたまま痒いところを掻くの意味から。
『無門関・序』に「棒をふるって月を打ち、靴を隔てて痒きを掻く」とあるのに基づく。
【出典】 『無門関』
【注意】
【類義】 靴を隔てて痒きを掻く/二階から目薬/御簾を隔てて高座を覗く
【対義】 麻姑掻痒
【英語】 Having an itch that one cannot scratch.(掻けないところが痒い)
【用例】 「一刻も早く処理せなばならないのに、解決策が無くて隔靴掻痒の感がある」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

隔靴掻痒(かっかそうよう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
隔靴掻痒の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス