看板に偽りあり

【読み】 かんばんにいつわりあり
【意味】 看板に偽りありとは、外見と実質が一致していないことのたとえ。

【看板に偽りありの解説】

【注釈】 看板や見本として掲げられている物と違う物を売っていることから、外見と中身が一致していないことをいう。
また、普段発する言葉と実際の行動が一致していないこと。
【出典】
【注意】
【類義】 看板倒れ/牛首を懸けて馬肉を売る/牛首を門に懸けて馬肉を売る/玉を衒いて石を売る/羊質虎皮羊頭狗肉/羊頭を掲げて狗肉を売る/羊頭を掲げて馬脯を売る/羊頭を懸けて狗肉を売る/羊頭を懸けて馬肉を売る
【対義】 看板かくれなし/看板に偽りなし/言行一致
【英語】
【用例】 「こんな物を高く売りつけるなんて、あの店は看板に偽りありだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス