汗馬の労

【読み】 かんばのろう
【意味】 汗馬の労とは、戦場での功労。また、あることのために広く駆けずり回る苦労のこと。

【汗馬の労の解説】

【注釈】 馬が汗をかくほどの働きということから。
『史記』に「今のところ馬に汗をかかせて戦場を駈けずり回るような戦功はない」、『戦国策』に「船便を使えば、一日に三百里以上運べ、馬に汗をかかせるほどの苦労をしなくて済む」とあるのに基づく。
【出典】 『史記』 『戦国策』
【注意】
【類義】 犬馬の労
【対義】
【英語】
【用例】 「子供の病気を治すためなら、汗馬の労もいとわない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス