金の切れ目が縁の切れ目

【読み】 かねのきれめがえんのきれめ
【意味】 金の切れ目が縁の切れ目とは、金がなくなったときが、人間関係の切れるときだということ。

【金の切れ目が縁の切れ目の解説】

【注釈】 金があるうちは、ちやほやされたり慕われたりするが、金が尽きれば掌を返すように冷たくなり、関係が切れることをいう。
元は遊女と遊客の金銭によって成り立っていた関係をさした。
親しい人間関係も、結局は金次第であり、金があるときには慕ってきた者も、金がなくなると見向きもしなくなる。
【出典】
【注意】 「金とは縁がない」の意味で使うのは誤り。
誤用例 「学生時代からずっと、金の切れ目が縁の切れ目で、家賃を滞納することも多かった」
【類義】 愛想づかしも金から起きる
【対義】
【英語】 When poverty comes in at the doors, love leaps out at windows.(貧困がドアから入ってくると、愛は窓から飛び出していく)
Love lasts as long as money endures.(恋愛は金がある限り続く)
So long as fortune sits at the table friends sit there.(冨がテーブルについている限り、友人もそこに座っている)
【用例】 「金の切れ目が縁の切れ目というが、金を貸した時はあんなに慕ってきたのに、断った途端に電話にさえ出なくなった。寂しい人だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス