金は天下の回り物

【読み】 かねはてんかのまわりもの
【意味】 金は天下の回り物とは、金は一箇所にとどまるものではなく、常に人から人へ回っているものだから、今はお金が無い人の所にもいつかは回ってくるという励まし。

【金は天下の回り物の解説】

【注釈】 貧富は固定しないということ。
金がない者に対し、今貧しいからといって悲観するな、まじめに働いていればいつか自分のところにも回ってくるだろうという励ましの意味を込めて使う。
「金は天下の回り持ち」「金は世界の回り物」「金は世界の回り持ち」ともいう。
【出典】
【注意】 「回り物」を「周り物」と書いたり、「回し者」というのは誤り。
【類義】 金は浮き物/金は湧き物/金銀は回り持ち/宝は国の渡り物/貧乏難儀は時の回り
【対義】 金と子供は片回り/金は片行き
【英語】 Money is a great traveller in the world.(金は世界の旅人である)
Money changes the hands.(金は手を変える)
【用例】 「金は天下の回り物だから、今のピンチをそんなに嘆くことはないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス