汗牛充棟

【読み】 かんぎゅうじゅうとう
【意味】 汗牛充棟とは、蔵書がきわめて多いことのたとえ。

【汗牛充棟の解説】

【注釈】 牛車に乗せて運ぶと、車を引く牛も汗をかき、家の中に積み上げればむ棟木に届くほど量があるということから。
唐の柳宗元が、孔子の胃にそむいた書物が出回っていることを嘆いたことば。
『陸文通先生墓表』に「其の書為るや、処れば即ち棟宇に充ち、出ずれば即ち牛馬に汗す」とあるのに基づく。
「充棟汗牛」とも。
【出典】 柳宗元『陸文通先生墓表』
【注意】 書物以外に使うのは誤り。
誤用例 「汗牛充棟の洋服にまみれて生活している」
【類義】 牛に汗し棟に充つ/載籍浩瀚/棟に充ち牛に汗す/擁書万巻
【対義】
【英語】
【用例】 「汗牛充棟の本に埋もれて老後を過ごすことが夢である」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス