蟹は甲羅に似せて穴を掘る

【読み】 かにはこうらににせてあなをほる
【意味】 蟹は甲羅に似せて穴を掘るとは、人はそれぞれ分相応の考えや行いをするということのたとえ。

【蟹は甲羅に似せて穴を掘るの解説】

【注釈】 蟹は、大きければ大きいなりに、小さければ小さいなりに、それぞれ自分の体に合った穴を掘って住む穴を作ることから、人間も自分の身分や力量に応じた言動をするということ。
「蟹は甲に似せて穴を掘る」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 一升枡に二升は入らぬ/根性に似せて家を作る/鳥は翼に従って巣を作る
【対義】
【英語】 Cut your coat according to your cloth.(生地に応じて衣服を裁て)
Everyone stretches his legs according to the length of his coverlet.(掛け布団に合わせて足を伸ばせ)
【用例】 「蟹は甲羅に似せて穴を掘るというが、今の自分の仕事は分不相応だと思うことがある」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス