勘定合って銭足らず

【読み】 かんじょうあってぜにたらず
【意味】 勘定合って銭足らずとは、理論と実践は一致しないことのたとえ。

【勘定合って銭足らずの解説】

【注釈】 帳簿上では収支の計算が合って儲かっているはずなのに、手元の現金を数えてみると足りないことから、理論と実際とはなかなか一致しないということ。
「勘定合って金足らず」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 算用合って銭足らず
【対義】
【英語】 A fool often finds himself short of his reckoning.(馬鹿はしばしば銭勘定で足りない目に合う)
【例文】 「彼の計算はいつも正しくて立派だが、会社の経営はいつも上手くいっていない。勘定合って銭足らずなのだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス