閑古鳥が鳴く

【読み】 かんこどりがなく
【意味】 閑古鳥が鳴くとは、人が集まらずものさびしい様子。特に商売などがはやらず、さびれている様子をいう。

【閑古鳥が鳴くの解説】

【注釈】 閑古鳥とは、カッコウの別称。
人のいない山里でカッコウの鳴き声がもの悲しく聞こえるさまから。
「閑古鳥が歌う」とも。
【出典】
【注意】 暇があるという意味で使うのは誤り。
誤用例 「閑古鳥が鳴くほど暇を持て余していたから、彼からの誘いは嬉しかった」
【類義】 鳥の網張る宿/門前雀羅を張る/門外雀羅を設くべし
【対義】 門前市の如し/門前市を成す/門庭市の若し
【英語】 To have little business.(ほとんど商売にならない)
【用例】 「不景気で、温泉街も土産店も、閑古鳥が鳴く寂しさだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

閑古鳥が鳴く(かんこどりがなく)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス