換骨奪胎

【読み】 かんこつだったい
【意味】 換骨奪胎とは、先人の詩文や文章の作意・形式を取り入れながら、独自の工夫を加えて新しい作品として作り上げること。

【換骨奪胎の解説】

【注釈】 骨を取り換え、胎(子宮)を奪い取り、自分のものとして使うという意から。
『冷斎夜話』には「然れども、その意を易えずしてその語を造る、これを換骨法と謂い、その意を窺い入れてこれを形容する、これを奪胎法と謂う(意味を変えずに言葉だけを新しいものに作り変えることを換骨法といい、その意味を手本にして少し変えて表現することを奪胎法という)」とある。
「骨を換え胎を奪う」とも。
【出典】 『冷斎夜話』
【注意】 単なる「焼き直し」「模倣」「二番煎じ」といった意味で使うのは本来誤りだが、現在では許容されている。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「うまく換骨奪胎された作品だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス