堪忍袋の緒が切れる

【読み】 かんにんぶくろのおがきれる
【意味】 堪忍袋の緒が切れるとは、我慢できる許容量を超えて、怒りが爆発することのたとえ。

【堪忍袋の緒が切れるの解説】

【注釈】 「堪忍袋」とは、堪忍する心の広さを入れる袋にたとえたもの。
その堪忍袋がふくらんで緒(しばった紐)が切れることから、じっとこらえていた怒りが爆発することをいう。
「堪忍袋の緒を切らす」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 兎も七日なぶれば噛みつく/堪忍庫の戸が開く/こらえ袋の緒を切る/地蔵の顔も三度/仏の顔も三度まで/仏の顔も日に三度/無理は三度
【対義】
【英語】 Patiencs provoked turns to fury.(忍耐強い人は怒ると激怒する)
【用例】 「今度という今度は、もう堪忍袋の緒が切れた。一体何度同じ過ちをくり返して、嘘ばかりつくのだ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

堪忍袋(かんにんぶくろ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス