肝胆相照らす

【読み】 かんたんあいてらす
【意味】 肝胆相照らすとは、互いに心の底まで打ち明けて、親しく交際することのたとえ。

【肝胆相照らすの解説】

【注釈】 『故事成語考・朋友賓主』に「肝胆相照らす、斯れを腹心の友と為す」とあるのに基づく。
「肝胆」は、肝臓と胆嚢のことで、どちらも生命を支える大事な臓器であることから、転じて「心の奥底」「真実の心」という意味。
「照らす」は「知り合う」ということ。
互いに心の中まで打ち明けて、理解し合い、親しく付き合うことをいう。
【出典】 『故事成語考』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「あの二人は肝胆相照らす仲だ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

肝胆相照らすの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス