烏の行水

【読み】 からすのぎょうずい
【意味】 烏の行水とは、入浴時間がきわめて短いことのたとえ。

【烏の行水の解説】

【注釈】 カラスが短い時間で水浴びをするさまから。
「行水」とは、たらいに湯や水を入れて体を洗い流すことで、人間に比べてカラスの行水はきわめて簡便である。
【出典】
【注意】 「鳥の行水(とりのぎょうずい)」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【例文】 「父の入浴は烏の行水で、十分もあれば風呂場から出てくる」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス