枯れ木も山の賑わい

【読み】 かれきもやまのにぎわい
【意味】 枯れ木も山の賑わいとは、つまらないものでも、無いよりはましであるということ。また、役に立たない者でも、いないよりはいたほうがましだということのたとえ。

【枯れ木も山の賑わいの解説】

【注釈】 何もない殺風景なはげ山よりも、たとえ枯れ木でもあれば山の趣を添えてくれ、風情を賑わしてくれるということから。
自分のことを謙遜して言う言葉で、老人が若者に混じって何かをする際などに多く用いる。
【出典】
【注意】 自分を謙遜して言う言葉なので、他人に対して使うのは失礼にあたる。
誤用例 「枯れ木も山の賑わいと言いますから、私の結婚式にはぜひ出席してください」
【類義】 蟻も軍勢/餓鬼も人数/枯れ木も森の賑わかし/枯れ木も山の飾り/歪み木も山の賑わい
【対義】
【英語】 A bad vush is better than the open field.(悪い茂みでも、何もない野原よりは良い)
【用例】 「枯れ木も山の賑わいと言いますから、私も参加させていただきます」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス