夏炉冬扇

【読み】 かろとうせん
【意味】 夏炉冬扇とは、時期はずれで役に立たない物事のたとえ。

【夏炉冬扇の解説】

【注釈】 夏の囲炉裏や冬の扇は、時期がはずれていて役に立たないことから。
『論衡』に「益無き能を作し、補う無きの説を納るるは、夏を以て炉を進め、冬を以て扇を奏むるなり(役に立たない才能を振りかざし、役に立たない意見を君主に提出するのは、夏に囲炉裏をすすめ、冬に扇を差し出すことと同じだ)」とあるのに基づく。
「冬扇夏炉」ともいう。
【出典】 『論衡』
【注意】 「時期はずれ」の意味を含まず、単に「あっても役に立たないもの、かえって邪魔になるもの」の意味で使うのは誤り。
誤用例 「どうせ作らないのに大きなホームベーカリーなんか買ったら、夏炉冬扇というものだ」
【類義】 寒に帷子、土用に布子/喧嘩過ぎての棒乳切り/月夜に提灯/昼の行燈/六日の菖蒲、十日の菊無用の長物
【対義】
【英語】
【用例】 「真冬に扇風機を出しっぱなしにしているなんて、まさに夏炉冬扇だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス