苛政は虎よりも猛し

【読み】 かせいはとらよりもたけし
【意味】 苛政は虎よりも猛しとは、悪政は人を食い殺す虎よりも恐ろしいということのたとえ。

【苛政は虎よりも猛しの解説】

【注釈】 「苛政」とは、重税・弾圧などが厳しい政治のこと。酷政。
孔子が泰山のふもとを歩いていると、一人の婦人が墓の下で泣いており、そのわけを聞くと婦人は「夫と子供と舅が虎に食い殺された」と答えた。
孔子が「それならば、何故この地から出て行かないのか」と尋ねると、婦人は「ここでは税金を取り立てるむごい政治が行われていないからだ」と言ったという故事に基づく。
【出典】 『礼記』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「苛政は虎よりも猛しというから、この国からは出て行こう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス