渇して井を穿つ

【読み】 かっしていをうがつ
【意味】 渇して井を穿つとは、必要に迫られてから慌てて準備をしても、間に合わないことのたとえ。また、時機を失することのたとえ。

【渇して井を穿つの解説】

【注釈】 喉が渇いてから井戸を掘っても手遅れだということから。
『素問』には、「乱已に成りて而る後に之を治む。讐タトへば猶ほ渇して井を穿ち、闘ひて錐を鋳るが如し」とある。
「井」は「せい」とも読む。
「渇に臨みて井を穿つ」「渇に臨みて井を掘る」ともいう。
「穿つ」とは、「掘る」「穴をあける」の意味。
【出典】 『素問』
【注意】 ひどく欲しがる(喉から手が出るほど)という意味で使うのは誤り。
誤用例 「あと十万円さえあれば乗り切れると思うと、渇して井を穿つ思いだ」
【類義】 戦を見て矢を矧ぐ/諍い果てての乳切り木/飢えに臨みて苗を植う/溺るるに及んで船を呼ぶ/喧嘩過ぎての棒乳切り/敵を見て矢を矧ぐ/泥棒を捕らえて縄を綯う/難に臨んで兵を鋳る/盗人を見て縄を綯う/はまった後で井戸の蓋をする
【対義】 遠慮なければ近憂あり/暮れぬ先の提灯/転ばぬ先の杖備えあれば憂いなし濡れぬ先の傘
【英語】
【用例】 「明日の試験に備えて徹夜をしても、それまで怠けていたのなら、渇して井を穿つというものだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス