刀折れ矢尽きる

【読み】 かたなおれやつきる
【意味】 刀折れ矢尽きるとは、戦う手段、物事に立ち向かう手段が尽きることのたとえ。

【刀折れ矢尽きるの解説】

【注釈】 激戦のすえ、刀が折れ、矢も尽き果てて、精魂ともに尽きることから。
転じて、物事を続けるための手段がなくなるということ。
『後漢書』に「馬を下りて大いに戦い、日中に至り、刀折れ矢尽き、慮も亦た引退す」とあるのに基づく。
【出典】 『後漢書』
【注意】
【類義】 事ここに至る/万策尽きる/万事休す/弓折れ矢尽きる
【対義】
【英語】
【用例】 「やれることは全てやったが、刀折れ矢尽きてしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス