勝てば官軍、負ければ賊軍

【読み】 かてばかんぐん、まければぞくぐん
【意味】 勝てば官軍負ければ賊軍とは、何事も強い者や最終的に勝ったものが正義とされることのたとえ。

【勝てば官軍負ければ賊軍の解説】

【注釈】 たとえ道理にそむいていても、戦いに勝った者が正義となり、負けた者は不正となる。物事は勝敗によって正邪善悪が決まるということ。
「官軍」とは、時の朝廷や政府に味方する軍勢のことで、明治維新で敗れた幕府は賊軍の汚名に泣いたという。
「賊軍」は「官軍」の反語で、朝廷や政府の意思にそぐわないとされた側の軍のこと。
単に「勝てば官軍」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 小股取っても勝つが本/力は正義なり/強い者勝ち/泣く子と地頭には勝てぬ無理が通れば道理引っ込む
【対義】
【英語】 Might is right.(力は正義)
Losers are always in the wrong.(敗者はいつも悪いとされる)
Successful sin passes for virtue.(罪も成功すると徳として通る)
【用例】 「勝てば官軍、負ければ賊軍で、不眠不休でがんばってきた者も皆左遷されたらしい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス