火中の栗を拾う

【読み】 かちゅうのくりをひろう
【意味】 火中の栗を拾うとは、自分の利益にはならないのに、そそのかされて他人のために危険をおかすことのたとえ。また、あえて困難なことに身を乗り出すことのたとえ。

【火中の栗を拾うの解説】

【注釈】 十七世紀のフランスの詩人ラ・フォンテーヌが『イソップ物語』を基にした寓話で、ずるい猿におだてられた猫が、囲炉裏の中で焼けている栗を拾ったが、栗は猿に食べられてしまい、猫はやけどをしただけだったという話から生まれたフランスのことわざ。
【出典】
【注意】
【類義】 手を出して火傷する
【対義】
【英語】 Take the chestnuts out of the fire with the cat's paw.(猫の足で火の中の栗を取り出せ)
To run risks for others.(他人のために危険を犯す)
【用例】 「今そんな仕事を引き受けるなんて、火中の栗を拾うようなものだ。君には何のメリットもないし、会社からいいように利用されているだけじゃないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス