川立ちは川で果てる

【読み】 かわだちはかわではてる
【意味】 川立ちは川で果てるとは、人は慣れたことや得意なことほど油断し、かえって身を滅ぼしたり、災いを招くことがあるといういましめ。

【川立ちは川で果てるの解説】

【注釈】 「川立ち」とは、川辺で生まれ育ち、泳ぎの上手な人のこと。
川に慣れて泳ぎの上手な者は、油断から川で命を落とすことが多いことから。
「川立ちは川」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 過ちは好む所にあり/得手に鼻突く/泳ぎ上手は川で死ぬ河童の川流れ/木登りは木で果てる/才子才に倒れる/才子才に躓く/策士策に溺れる長所は短所/水の達者が水で死ぬ/山師山で果てる/山立ちは山で果てる/善く泳ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ
【対義】
【英語】 The dog that kills wolves is killed by wolves.(狼を殺す犬は狼に殺される)
【用例】 「川立ちは川で果てると言うから、くれぐれもレースでは気を引き締めろ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス