可愛い子には旅をさせよ

【読み】 かわいいこにはたびをさせよ
【意味】 可愛い子には旅をさせよとは、我が子が可愛いなら、親の元に置いて甘やかすことをせず、世の中の辛さや苦しみを経験させたほうがよいということ。

【可愛い子には旅をさせよの解説】

【注釈】 自分の家を出て、なじみのない土地で暮らすことは苦労や困難も多いが、子は親元を離れ辛く苦しい体験をしてこそ成長するものだということ。
昔は現代のように交通機関が発達していなかったので、旅は辛く厳しいものであったことから。
「いとしき子には旅をさせよ」「思う子に旅をさせよ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 いとしき子には杖で教えよ/親の甘いは子に毒薬/親の甘茶が毒になる/可愛い子には薄着をさせよ/可愛い子には灸をすえ憎い子には砂糖やれ/可愛い子は棒で育てよ/獅子の子落とし/獅子の子育て/獅子の子を谷へ落としてその勢を見る
【対義】
【英語】 Spare the rod and spoil the child. (鞭を惜しむと子供はだめになる)
【用例】 「高校は、厳しいことで有名な寮のある学校に行かせるつもりでいる。可愛い子には旅をさせよだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス