可愛さ余って憎さ百倍

【読み】 かわいさあまってにくさひゃくばい
【意味】 可愛さ余って憎さ百倍とは、かわいいという気持ちが強ければ強いほど、いったん憎しみの感情が沸けば、その憎しみは度もはなはだしいものだということ。

【可愛さ余って憎さ百倍の解説】

【注釈】 日頃から可愛がっていた者に裏切られたりして、ひとたび憎いと思うようになると、その憎しみは可愛さの何倍も強くなるという意味。
愛と憎しみは表裏一体であるということが伺える。
「可愛さ余って憎さが十倍」ともいう。
【出典】
【注意】 可愛さよりも憎さが百倍強いという意味で使うのは誤り。
誤用例 「確かに彼女は美人だし、愛くるしい顔をしている。だが、性格を知ると可愛さ余って憎さ百倍だということがわかる」
【類義】 愛憎は紙一重/可愛可愛は憎いの裏/好いたほど厭いた
【対義】 憎い憎いは可愛いの裏
【英語】 The greatest hate proceeds from the greatest love.(最大の憎しみは最大の愛から生じる)
【用例】 「あれだけ目を細めて彼とののろけ話を披露していたのに、いったん裏切られたと思ったら鬼のような形相で彼をののしり始めたよ。可愛さ余って憎さ百倍というのは本当だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス