風が吹けば桶屋が儲かる

【読み】 かぜがふけばおけやがもうかる
【意味】 風が吹けば桶屋が儲かるとは、あることが原因となって、その影響がめぐりめぐって意外なところに及ぶことのたとえ。また、当てにならないことを期待するたとえ。

【風が吹けば桶屋が儲かるの解説】

【注釈】 風が吹けば砂埃のために目を病む人が多くなり、目を病んだせいで失明すれば音曲で生計を立てようとするから三味線を習う人が増え、三味線の胴に張る猫の皮の需要が増える。
そのため、猫の数が減少し、猫が減れば猫が捕まえる鼠の数が増える。
鼠は桶をかじるから桶がよく売れるようになり、桶屋が儲かることから。
桶屋が儲かる因果関係をいった昔話から出たことばで、それぞれの話の筋は通っているものの一つひとつの話が必然性に欠けているため、あまり現実的とはいえないだろう。
【出典】
【注意】 「風」を「追い風」の意味で使うのは誤り。
誤用例 「風が吹けば桶屋が儲かるというが、学生たちの間で流行したおかげで、我が社の製品の発注が激増した」
【類義】 大風が吹けば桶屋が喜ぶ
【対義】
【英語】 It's an ill wind that blows nobody any good.(誰のためにもならない風は吹かない)
【用例】 「風が吹けば桶屋が儲かるで、あの企業が一部上場したときは他人事のように思っていたが、今はその影響もあって自分の会社も黒字になった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス