芸は身を助く

【読み】 げいはみをたすく
【意味】 芸は身を助くとは、一芸を身につけておくと、いざというとき生計を助けることもあるということ。

【芸は身を助くの解説】

【注釈】 身についた技芸があれば、何かの折に役に立ち、時には生計を立てる元になることもある。
「助く」は「助ける」の文語形。
「芸は身を助ける」「芸が身を助ける」ともいう。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 相手に直接言うのは失礼にあたるので、注意が必要。
【類義】 芸は身に付く
【対義】 芸は身の仇/芸は身を破る/粋が身を食う/鳴く虫は捕らる
【英語】 Learn a trade, for the time will come when you shall need it.(技を覚えよ、技が必要な日が来るだろうから)
An occupation is as good as land.(職業は土地に匹敵する)
【用例】 「落語が好きで、学生時代には落語サークルに在籍していたが、大口の取引先のお偉いさんが大の落語好きでね。落語にはちょっと詳しいから話に花が咲き、気に入ってもらえたようで、今回の商談も大成功に終わった。芸が身を助くとは、このことだね」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス