逆鱗に触れる

【読み】 げきりんにふれる
【意味】 逆鱗に触れるとは、目上の人を激怒させることのたとえ。

【逆鱗に触れるの解説】

【注釈】 「逆鱗」とは竜のあごの下に逆さに生えているうろこのことで、そこに触れると竜が怒って触った人を殺してしまうという伝説から。
『韓非子・説難』に「その喉下に逆鱗径尺なる有り、若し人これにふるる者あらば、則ち必ず人を殺さん。人主も亦た逆鱗有り、説く者は能く人主の逆鱗にふるること無くんば、則ち幾からん(君主にも逆鱗というべきものがあるので、遊説者が君主に意見を述べるときは、その逆鱗に触れないようにするのが大切である)」とあるのに基づく。
【出典】 『韓非子』
【注意】 目下の人を怒らせた場合に使うのは誤り。
誤用例 「あまりにも理不尽な彼の命令は、部下たちの逆鱗に触れた」
自分が怒ったときに使うのは誤り。
誤用例 「今まで我慢してきたが、さすがの私も今回は逆鱗に触れた」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「何度言っても改めようとしない態度が社長の逆鱗に触れ、彼はクビになった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス