外面如菩薩内心如夜叉

【読み】 げめんにょぼさつないしんにょやしゃ
【意味】 外面如菩薩内心如夜叉とは、外見はやさしく穏やかに見えるが、心の中は邪悪で恐ろしいというたとえ。多く女性にいう。

【外面如菩薩内心如夜叉の解説】

【注釈】 女性の顔はいかにもやさしくおとなしい菩薩のように見えるが、心の中は悪魔のように険悪で恐ろしいところがあるということ。
『華厳経』に「外面菩薩に似、内心夜叉の如し」とあるのに基づく。
仏教の経文から出たもので、女性は仏道修行の妨げになることを戒めていったもの。
「菩薩」とは、仏の慈悲の心で衆生を導く者のこと。
「夜叉」とは、残忍な鬼神のこと。
「如し」は、「~のようだ」の意味。
「外面似菩薩内心如夜叉(げめんじぼさつないしんにょやしゃ)」とも。
【出典】 『華厳経』
【注意】
【類義】 あの声で蜥蜴食らうか時鳥/顔と心は裏表/顔と心は雪と墨/顔に似ぬ心/人面獣心
【対義】 鬼面仏心
【英語】 Beads in the hand and the devil in capuche.(手には数珠、頭巾の中には悪魔)
【用例】 「連続保険金殺人事件の犯人の女は、犯行に似つかわしくない美しく柔和ないでたちだった。あんな女性が金目当てに何人もの男性を殺害するとは、彼女はまさに外面如菩薩内心如夜叉だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス