下衆の後知恵

【読み】 げすのあとぢえ
【意味】 下衆の後知恵とは、愚かな者は必要なときに良い考えが浮かばずに、事が終わってから良い考えが思いつくものだということ。

【下衆の後知恵の解説】

【注釈】 愚かな者、教養のない者は、肝心なときに良い考えが浮かばず、物事が済んだ後に名案を思いつくということ。
「下衆」とは、考えが愚かである、品性が劣っている、知恵がない者の意味。
「下種の後知恵」「下司の後知恵」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 下衆の後思案/下衆の知恵は後から/虚仮の後思案/下手の思案は後に付く
【対義】
【英語】 An afterwit is everybody's wit.(後知恵なら誰でも思いつく)
It is easy to be wise after the event.(事後に悟るのは容易である)
Afterwit comes over late.(後知恵は遅すぎる)
【用例】 「今更こうしたほうが良かったと言われても、もう遅いよ。案があったなら始める前に言ってくれ。そういうのは下衆の後知恵というものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス