下衆の勘繰り

【読み】 げすのかんぐり
【意味】 下衆の勘繰りとは、心の卑しい者は、とかくひがみっぽくて邪推をしたがるものだというたとえ。

【下衆の勘繰りの解説】

【注釈】 品性がなかったり劣ったりする者は、ひがんで余計な邪推をするものだという意味。
「下衆」とは、品性の下劣な人のこと。
「勘繰り」とは、他人の心意を悪意と疑ってかかること。
「下種の勘繰り」「下司の勘繰り」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「君のことを思って誠実にやったのに、下衆の勘繰りはやめてくれ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス