下駄を預ける

【読み】 げたをあずける
【意味】 下駄を預けるとは、物事の処理などを相手に一任することのたとえ。

【下駄を預けるの解説】

【注釈】 万事を頼んで、無条件で相手にまかせること。
人に預けた下駄を返してもらうまでは、どこへも行けないという意味から。
物事の処理を引き受けることは、「下駄を預かる」という。
【出典】
【注意】 相手を信頼しているという意味で使うのは誤り。
誤用例 「外出中は、お隣りさんに下駄を預けて、息子を見ていてもらうことになっている」
【類義】
【対義】
【英語】 I left everything to him.(彼にすべてを任せた)
【用例】 「責任を取って私がこの会社を辞めるかどうかは、社長に下駄を預けている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス