鶏群の一鶴

【読み】 けいぐんのいっかく
【意味】 鶏群の一鶴とは、多くの凡人の中に、一人だけ抜きん出てすぐれた人がまじっていることのたとえ。

【鶏群の一鶴の解説】

【注釈】 鶏の群れに一羽だけ鶴がまじっていることから転じて。
『晋書』ケイ紹伝には「稠人の中に於いて、始めてケイ紹を見る、昂昂然として野鶴の鶏群に在るが如し(多くの人がいる中で、ケイ紹を見た。ひときわ高く抜きん出ており、まるで野生の鶴が鶏の群れの中にいるようだ)」とある。
「群鶏の一鶴」「鶏群の孤鶴」「野鶴の鶏群に在るが如し」とも。
【出典】 『晋書』ケイ紹伝
【注意】
【類義】 砂に黄金泥に蓮/鶴立鶏群/紅一点/芥溜めに鶴/珠玉の瓦礫に在るが如し/砂の底から玉が出る/砂の中の黄金/堆肥の中の宝石/塵塚に鶴/天水桶に竜/掃き溜めに鶴万緑叢中紅一点/藪に黄金
【対義】 鳳は藪の中にはいない/千石見晴らしの田でないと鶴は下りぬ
【英語】 Triton among the minnows.(小魚どもの中の海神)
※ toritonはギリシャ神話に出てくる半神半魚の海神のこと。
【用例】 「学生時代から彼は飛び抜けて優秀で、スポーツも万能であり、人徳もあった。まさに鶏群の一鶴である」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス