傾国

【読み】 けいこく
【意味】 傾国とは、絶世の美女のたとえ。

【傾国の解説】

【注釈】 一目見ただけで、君主がその美しさに迷って国政をないがしろにし、国を滅ぼしてしまう意味から。
『漢書』に「北方に佳人あり、絶世にして独り立つ。一顧すれば人の城を傾け、再顧すれば人の国を傾く。寧んぞ傾城と傾国とを知らざらんや。佳人再び得難し(北の地方に絶世の美女がいる。一度振り向けば城を滅ぼし、再び振り向けば国を滅ぼす。城と国を滅ぼすことが重大なことだと知らないわけはないが、これほどの美女は二度と得られないだろう)」とあるのに基づく。
日本では「遊女」の意味にも用いた。
【出典】 『漢書』
【注意】
【類義】 一顧傾城/傾城
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女ほど美しい女性を見たことがない。まさに傾国だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス