鶏口となるも牛後となるなかれ

【読み】 けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ
【意味】 鶏口となるも牛後となるなかれとは、大きな集団の中で尻にいて使われるよりも、小さな集団であっても長となるほうがよい。

【鶏口となるも牛後となるなかれの解説】

【注釈】 「鶏口」=鶏の口の意味から転じて、小さな団体の長のたとえ。
「牛後」=牛の尻の意味から転じて、大きな団体に従って使われる者のたとえ。
【出典】 『史記』蘇秦列伝
【注意】 「鶏口」を「鶏頭」、「牛後」を「牛尾」とするのは誤り。
「鶏口」は小さな団体の長をたとえる言葉なので、長以外の者には使わない。
【類義】 芋頭でも頭は頭/大鳥の尾より小鳥の頭/鶏口牛後/鯛の尾より鰯の頭
【対義】 犬になるなら大家の犬になれ/大所の犬となるとも小家の犬となるな/箸と主とは太いがよい/寄らば大樹の陰
【英語】 Better be the head of a dog than the tail of a lion.(ライオンの尻尾になるより、犬の頭になるほうがよい)
Better be first in a village than second at Rome.(ローマの2位より村の1位になるほうがよい)
【用例】 「鶏口となるも牛後となるなかれを最終目標に、今は本社でトップを狙おう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス