桂馬の高上がり

【読み】 けいまのたかあがり
【意味】 桂馬の高上がりとは、身分不相応な地位に上ったために、実力が伴わず失敗することのたとえ。

【桂馬の高上がりの解説】

【注釈】 将棋の駒の一つである桂馬が、進みすぎて進退に窮するように、出すぎて身分不相応の地位に上ってしまい、実力が伴わないため失脚してしまうことをいう。
桂馬は、一ます飛び越して斜め前に進むため、進みすぎると前にも後ろにも行けなくなり、身動きがとれなくなることから。
「桂馬の高上がり歩の餌食」や「桂馬の高上がり歩攻に遇う」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 桂馬の高飛び歩の餌食/桂馬誇って歩兵の餌となる
【対義】
【英語】 The higher the ape goes the more he show his tail.(高く登れば登るほど猿は自分の尻を見せることになる)
【用例】 「やはり彼が社長に就任してから経営は右肩下がりだ。社長の息子だからというだけで跡を継いだが、桂馬の高上がりに終わっただけだった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス