傾城

【読み】 けいせい
【意味】 傾城とは、絶世の美女。また、遊女のこと。

【傾城の解説】

【注釈】 君主がその美しさに夢中になって、城を傾けて(滅ぼして)しまうことから。
『漢書』にある「北方に佳人あり、絶世にして独り立つ。一顧すれば人の城を傾け、再顧すれば人の国を傾く。寧んぞ傾城と傾国とを知らざらんや。佳人再び得難し(北の地方に世にも稀な美女がいる。一度振り向けば城を滅ぼし、再び振り向けば国を滅ぼす。城や国を滅ぼすことが重大なことだとは知っているが、あれほどの美人は二度と得られないだろう)」とあるのに基づく。
日本では「遊女」の意味にも用いられ、近世では、特に「太夫」を指した。
【出典】 『漢書』
【注意】
【類義】 一顧傾城/傾国
【対義】
【英語】
【用例】 「彼女ほどの美人を見たことがない。まさに傾城と言えるだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス