兄たり難く弟たり難し

【読み】 けいたりがたくていたりがたし
【意味】 兄たり難く弟たり難しとは、両者ともすぐれていて、優劣がつけられないこと。

【兄たり難く弟たり難しの解説】

【注釈】 力量などがほぼ同格で、どちらがすぐれているかを決められないこと。
『世説新語・徳行』にある「元方は兄為り難く、李方は弟為り難し」に基づく。
後漢の陳寔(ちんしょく)が二人の孫から父親のどちらが優れているかを尋ねられ、年齢の多い少ないはあっても、徳功に関して優劣はつけられないと答えた故事から。
兄(優れている)とすることも、弟(劣っている)とすることも難しいという意味。
「たり」は格助詞「と」に「あり」が付いた「とあり」の転で、一致している・資格があるという意味。
【出典】 『世説新語』
【注意】 「兄足り難く弟足り難し」と書いたり、両者とも「足りない」といった悪い意味で使うのは誤り。
【類義】 いずれ菖蒲か杜若双璧/伯仲の間
【対義】
【英語】
【用例】 「決勝に勝ち進んだ二人の実力は相当なもので、兄たり難く弟たり難しだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス