喧嘩両成敗

【読み】 けんかりょうせいばい
【意味】 喧嘩両成敗とは、喧嘩をした者は、双方とも悪いとして処罰するということ。

【喧嘩両成敗の解説】

【注釈】 「成敗」とは、処罰という意味。
戦国時代の随筆集『可笑記』には「織田信長公、羽柴秀吉公のときよりこのかた、いづれの御家にもけんか両せいばいと定めおかるる」とある。
【出典】
【注意】 喧嘩をした両者が罰せられるときに使うのであり、両者が許されるときに使うのは誤り。
誤用例 「喧嘩両成敗なので、どちらの選手も出場停止にはならなかった」
【類義】
【対義】
【英語】 In a quarrel both parties are to blame.(喧嘩は両者が罰せられるべきである)
【用例】 「喧嘩両成敗だ。罰として二人とも今月のおこづかいは無しにする」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス